--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.12.14

週末の魚探準備

DSC_3555.jpg

皆さん今晩わんこそば。

とりあえず・・・・ブログ  続いてます。 って当たり前かw

今日はボートネタといっても、魚探の配線をやり変えてるだけなんだけどね。

フロントに 新しく魚探を装着です。   物はというと

ホンデックス HE-570C!!

2011年モデルだけれども、どうもググッても記事が無いということはあまり人気はない?ということかな。もともとフロントはホンデックスHE-6500(5700cの初期モデル)で104&400ヘルツで6インチカラー魚探。
コンソールはきのこ使用のGPSプロップターHE-6721でしたが、ちょっとこれは・・・・・・使用上、難ありかなぁ~って感じでしたし、四国のフィールドではGPSがなくても何とか釣りもは成立すると思いまして思い切って取り外すことにしましたw

DSC_3549.jpg


移植といっても、電源コード、水温計はそのまま使用ということで、フロントに200の振動子、コンソールには400を追加しました。作業的にはそれほど難しくないんですが・・・・

坊やたちがオネンネしてからということで22:30作業開始なので、おっくうな気持ちにカツが必要なぐらいで始まってしまえば作業そのものは好きなほう♪

こんな感じで昨日も今日も日付が変わるまで作業してましたw

近所の皆さん、釣り馬鹿すぎてごめんなさい。それもこれも今週末に開催される四国チーム最強トーナメント?(名前が違うような??)のため。

冬の早明浦ってどうなんでしょーねぇ~釣れんのやろか?

まあ、何とかなるでしょ♪

しっかし寒いぃぃぃ。

今からエリアでもしぼっとこーっと♪

ではまた。

Posted at 19:07 | バスボート | COM(0) | TB(0) |
2011.12.12

ボートを大切に!!



こんにちは(^^)/  とりあえず仕事の合間にブログってみました(^^)

さすがに3日間はupしないとねー(;´∀`)やばいよねー。


今回はボートプチ話です。マッキーのボートはFRPということで扱いを気をつけなと傷だらけで、場合によっては欠船体がかけたりして、護岸が多い四国のリザーバーでは気を使います(^^;)

で、以前から気になってたハルのエッジ部分をなんとか保護できないかと、近くの店を徘徊して物色してみると.....

ありました!!ナイスなゴムが。

この記事の前に施行したもんだから、張り付ける前の写真はないんですが、画像のような感じで装着できました。

好き嫌いの意見は別れると思いますが、愛艇保護仕様ということで(≧▽≦)

自分なりには、いいと思うんだけどなー

みなさんどうおもいます?

Posted at 13:28 | バスボート | COM(0) | TB(0) |
2010.12.02

KIPAWAプロップ24v用



こんばんは。愛媛の明日の天気は下り坂みたいだけど、週末は天候は回復するみたいですw

STGcupの最終戦があるから、週末はぜひ晴れであってほしいなぁ。

雨が降って欲しい時もあれば晴れてほしい時もあるし・・・ちょっと勝手すぎですねw


えっと、月曜日と火曜日は仕事で横浜に行ってました。 いや~愛媛のど田舎なんかに住んでるから

久し振りに都会に行くと、人人人・・・・の多さに圧倒されましたw

年甲斐もなく どこに行っても おぉ~!?  の連発でみるものが新鮮でしたw

研修内容もよかったし、勉強になったし、うまいもん食ったし、よかったよかったw

この内容はまた今度にして。



注文していたKIPAWAプロップ24v用が届きましたw

手にして率直な感想。。。。形がダサい! そりゃ今までのペラの形状ったら、なんか尖がってて

なんか 「オレ様まわると早いぜ!」っとは言わないけど、早そうなオーラが出てましたが、

KIPAWAのプロップは丸っこくて 「くるくるちゅうよ♪」みたいな感じ。。。w

かなり適当なこと言ってますが、おふざけはこの辺で終わりにしますw



それぞれの形状をみての比較と効果予想です。

DVC00761.jpg


最大の違いはペラの数。純正のウィードレスウェッジ2はブレードが2枚。それに対してKIPAWAは

プレードが3枚。お互いのペラの直径はほとんど同じです。

推進力はペラが少ないほど効率は高いはずですが、ブレードの角度やモーターの出力・回転に

よって左右されるので、どちらのペラが推進力があるかはスピードを計測してみないとなんともいえません。

ただ、ブレード数か増えることでの回転バランスが向上するので、振動とノイズは少なからず減少すると

思われます。


これをご覧ください↓

DVC00764.jpg

うしろ汚な! は、おいといて。

エレキの修理屋さんでも過去の記事でご紹介されていましたが、もうひとつの形状の違いとして

ペラの全長がかんなり違います。

純正ペラの全長は 約6.0㎝。

KIPAWAの全長は 約8.5㎝ とその差2.5㎝となります。

全長が長い分、ブレードの角度(ピッチ)が大きくすることが可能ということになります。


ピッチとはプロペラが一回転で進むことのできる理論的距離をインチやミリなどの単位で表したもので、一回転でたくさん進むことのできる(=ピッチの大きいもの)は高速型になり、逆にピッチの小さいものは低速型ということになります。


船外機の場合は 推奨回転域なるものがあって、マッキーの4ストエンジンでは6000回転となっていますが、

推奨回転に合うペラの形状でセッティングをします。

エレキの場合は推奨回転域は存在しません。

比較する限りでは、KIPAWAプロップのピッチが大きいように感じるので、間違ってなければ

ピッチが大きい分、最高速度は早くなり、加速は遅くなると思われます。当然ピッチが大きくなり、

ブレードが3枚になることでモーターの回転数は低くなると思われますが、モーターの出力によっては変化は

ないかもしれません。

また、ピッチが大きくなることで今まで以上に推進力が高くなりモーターにかかる負荷がかかると思われますが

故障に繋がるほどの負荷にならないんじゃないかとw

どちらかというとノーマルペラよりも高回転のセッティングになるペラになる場合はモーターの焼き付けを

想定してセッティグや使用方法を考えないと故障に繋がる恐れがありそうです。

DVC00763.jpg

まあ、こればっかりはわかりませんが、プロップのピッチが大きくなってもバスボートの自重に

よって異なると思われるので、一概に取り替えたから早くなるとは限らないということですねw


いろいろ書きましたが、一体どうなるんでしょうね?

週末試してみようかと思います。

ではまた。







Posted at 01:02 | バスボート | COM(1) | TB(0) |
2010.11.28

ミンコタ マクサム MaxxumPro80 取り付け



こんにちは。日に日に寒くなってますねぇ~。

子供は風の子ということで坊やは近所友達と風がビュービューのなか元気に遊んでいましたw

でも、ズボン2枚履かせてましたけどw

坊やが外で遊んでいるということで、その間にエレキの交換作業をしました。

えっ?シャフトカット後じゃ?なんて言われそうですが、マウント固定してた方が祭儀用効率がいいみたいだし、

来週末STGCUPの最終戦もあることだから、とりあえず取り付けてみましたw

まあ、作業といってもとっても地味なもので・・・

最初にエレキに取り付けている魚探の振動子を取り外して、次にペダルのオフセットトレーを外して、

もともとの取り付けているエレキの電源コードをのけて、マウント部の6箇所の固定ボルトを緩めると。。。

はい!簡単に取れちゃいますw

後はこの手順を逆の順番で新しいエレキを取り付ければOKというわけなのですが、取り付けまでに

いくつか地味な作業があります。

まずはペダル部の底についているゴム製の足の足の取り外し。現在使用しているオフセットトレーの深さでは、

このゴム足はチョイ高過ぎなので、前のマクサム74は取り外していました。今回も同じように取り外そうと

ペダルの裏を見てみると・・・

あれ?ゴム足の固定方法が・・・リベット固定?になってるじゃありませんか。

あ~ららら、マクサム74はネジ固定だったのにぃ~チィッ。

ここは変更しなくてもいいのになぁ~。仕方がないのでドリルでリベットを飛ばしました。

ペダル部の基盤が80と74では変更しているはずなので比較してみると

DVC00746.jpg

写真写りで右のマクサム74が小さく見えますが、サイズはまったく同じでした。

左のマクサムプロ80のコードが集まっている基盤を見比べると、やっぱり変更しているみたいですね。

74と違ってコードも少ないようです。話ではコード類を見直して、抵抗をできるだけ排除した形になって、

電気の効率も向上しているとのことです。

ついでにシャフトの長さも比較してしてみると・・・

DVC00744.jpg

画像上のエレキがマクサム74の34インチ仕様。

下が今回購入したマクサムプロ80の42インチ仕様。こうやって見比べてみると

42インチって随分長く感じます。ボートの操作向上のためにもシャフトの長さはボートに

合わせる必要がありますね。激シャローにも入っていけるしw


作業ついでにオフセットトレイの塗装も少しくたびれていたので、ササッと塗りなおしてみましたw

DVC00747.jpg

う~んいい感じ。ピカピカになりましたw

その他にも魚探コードの固定のためのサービスホールを開けたりと、自分好みのセッティングをして

無事終了。

DVC00753.jpg

来週末の釣行の楽しみが増えましたw

早く乗ってみたいものですw

そうそう、今日、近所のコンビニで半額で売っていたので、思わず衝動買いしてしまいました。

そう、マッキー的にはかなりレア度が高いと思いますが、普通に売ってるんですかねw

そのブツとは・・・・・









DVC00754.jpg

「ポテチの手」だすw

PCのおともにポテチを食べて、キーボードやマウスがベタベタしたことないですか?

そんなポテチユーザーの思いが形となったのがこのポテチの手。

いつ発売された?か、まったく知らないけど知っている人は知っている、知らない人はまったくしらない、

そんな商品なんだろなぁ~w

近々使ってみようと思いますw

ではまた。



Posted at 14:29 | バスボート | COM(5) | TB(0) |
2010.11.26

ミンコタ マクサム MaxxumPro80



夜分遅くにまだ起きてます。

今回も毎度の釣りネタ。

お題はエレクトリックモーター。略してエレキ。

バスボートにはボートの後ろに船外機と前に電機で動くモーターがあるんだけど、エレキを中古で買いました。今、使用しているエレキは2004年12月に購入したもので、6年間使用しています。特にこれといったトラブルもなくまだまだ現役ですが、さすがに紫外線劣化などでくだびれた感は隠せませんw 

ちょっとした敷金ができたので、カヤック、GSP魚探、エレキ、ロッドのどれかの購入を検討した結果、ちょうどいいエレキがあったので、購入することになりました。カヤックでトップの釣りもしてみたいけど・・・今、オフシーズンだし・・・ボートもあるからね。多分、バスボートの釣りをやめることがあればカヤックを購入するだろうと勝手に計画してるみたいなw

今回、購入したミンコタ社マクサムプロ80。現在は廃盤になってまして、いわゆる型遅れ。中古車ならぬ中古エレキだから仕方がありませんが、今使っているマクサム74より随分とハイテクになってるようです。

モーターハウジングの構造やペダル内の内臓基盤もデジタル化してるようで、スペックは随分向上しているようです。なんといってももっとも体感できるところはマウント内にガスダンパー機能を備えて、エレキの上げ下ろしが非常に軽くなっているところ♪ 欠点としては本体の重量が重いということ。まあ、それは前からおんなじw  軽量化より強度って感じですね。余談ですが、最新のモデルは軽量化されていますが、お値段約20万円!? 買えないわw

あとモーターガイド社の同じグレードのものに比べてスピードが遅いところ。条件にもよりますが・・・。

実際に両者にそれぞれメリットデメリットはあるわけでして、最終的にはどっちを選ぶかはあなたしだい?ってところでしょうか。STGでミンコタとモーターガイドの普及率はというと若干モーターガイド社のエレキが多いようです。がマッキーはミンコタ派。雑に扱うから頑丈なミンコタを好んで使用しています。


早速取り付けしたいところですが、取り付けまでにしなければなない作業があります。

シャフトカット。#○イプカットじゃないですよw 今回購入したエレキのシャフト長は42インチ。センチにすると106.68センチ。長さを言われても釣りをしていない人はピンとしないでよね。ボートのフロント部に装着するのですが、ボートによって浮力はバラバラ。水に浮かべて人が釣りするポジションによってボートの浮く姿勢が異なってきます。

マッキーのボートは喫水が低く、ボートデッキと水面差が余りありません。そのために長すぎるエレキだと釣りをするときに邪魔になってしまうのです。やや水中に沈めることもできますが、ボートの操作性が悪くなってしまいます。

前はというと34インチにカットしてました。ということで今回は42インチから36インチにカットというわけですw

自分でするのはちょっと経験と知識がないので知り合いにお願いしようと思ってます。

それともうひとつ。予備パーツの購入。換えピンと予備のプロップ。これは大事。トラブルで予備がないばっかりに大事な試合がパアに!ってこともあるかもしれないので備えておきたいところ。

アクセサリーを調べていると、気になるものが・・・!?

それがこれ↓
ペラ

KIPAWAのプロップ24v用。ようはモーターに付いているプロペラで、現行モデルには装着が可能みたい。ラッキーなことにマッキーが購入したエレキにも装着可能!

変えて何が変わるかというとプロペラ2枚から3枚に変わりますwというのはおいといて、消音性能、トルク感UP。もちろんスピードもUPするらしいです。中~大型ボートでははっきりした体感はできないかもしれないけど、マッキー的にはかんなり気になるアイテム。STGの大会では年に何回か動力はエレキのみのフィールドがありまして、推進力と機動力ははとても重要なんです。

それになんとなんと純正ペラより値段が安い。

ボルトオンパーツといえばモーターガイド社のマチェットⅢを換装したほうがきっとスピードはでるとおもうけど、モーターとペラの間に隙間ができるのがちょっといただけない。

ん~。。。。KIPAWAのプロップっていいのかな?

誰か知りません?






ということで一応購入してみました。またインプレします。乞うご期待!

とりあえず、シャフトカットまでに時間があるので夜な夜な綺麗に拭き拭きしてみようと思いますw

DVC00741.jpg





Posted at 02:02 | バスボート | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。