--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.06.07

マス針ガード 自作



こんばんは。 四国地方は明日から雨ってことですが、今回の雨は梅雨前線の影響って説明があったから

そろそろ梅雨入りなんでしようかね。



今日の小ネタはガード付きマス針です。

ベイトフィネスシステムの普及が追い風となったというとでもないかもしれませんが?ベイトネコをカバーに入れることって

多くなったよね?

ってマッキーだけ?ってことはないよなーw

釣り場によって関係ないところもあるんでしょうけど、少なくともマッキーが通っているリザーバーはネコリグのカバー打ちの使用頻度がだんだんと増えてきてまぷよw

でカバー用のマス針フックは各メーカーからそこそこ?発売されていると思いますが、そのほとんどがヘビーカバー用だったりします。いや、もちろんフック軸の細いライトラインでも口を貫通させれるフックもありますが、ガードが強すぎたり、針金仕様で場合によっては1匹かけるとガードがボロボロになってしまうこともありますよね。

また、この時期に多いのがすっぽ抜けバイト。ルアーが完全にバスの口の中に入っているにもかかわらず、アフターで元気がないこともあって、すっぽ抜けして、マジかよー!?ってことないですか?
まあ、これについてはガードフック云々でないところもありますが、すっぽ抜け原因としてガードの強弱が関係しているケースが多少なりともあると思うんですよ。

前々回のSTGの大会でもマッキーを含めて数人がすっぽ抜けで貴重なバスを物にできない悔しい思いをした人がいたそうでその時から、タックルにあったガード付きフックを自作しなきゃ~って思ってまして.....

そんなこんなで次のチャプターまで時間もあることだし、やってみよとおもいまして~♪ 今回の小ネタと言うことで紹介です。

って前置き長!!??

準備するものは、バイス、フック、モノガード、ボンド、ボビンホルダーとぉー  これ大事→   鮎用根巻糸!! 
ところでこれなんて読むの?   アユヨウネマキイト? よーわからんけどw

この糸の優れているところは画像を見てのとおり、ボンドで固定しやすく、なおかつ糸自体が細くて、今回のような細かい作業をしても仕上げが非常に綺麗にできちゃうw  まーるで既製品?と思ってしまうぐらいの仕上がりになりますよー♪


こんな感じ↓


DSC_3800.jpg

どうです?結構綺麗じゃないですか?自画自賛してもいいですよね。自分のブログだしw

仕上げのボンドはまだ施行してませんが、これから何種類かのガードを用いて、フック作りをもう少し楽しんでみようと思いますw

ということで、ガード付きフックを既製品で我慢して使用してきたそこのあなた!!

今こそ自分にあったフックを作ってみてはいかがかな? 

ということで今日はこの辺でw
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://otonbo26.blog85.fc2.com/tb.php/387-f872cbf1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。