--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.01.22

一応OFF



こんばんは。今日って大寒?でしたっけ? 昨日だったかな?

とにかく最も寒さの厳しい暦のようですが、休みの今日。マッキーの地域は以外に快適な気温でしたw


今年もチャプター愛媛とSTGだけの釣り予定のマッキーは普段釣りはあまり行ってません。というより行けません?!と言ったほうが正しいかな(笑)まあ、大会時には泊まりがけフィッシングを許してくれる家族に感謝ですね~。

で今日は朝からまったり生活で、子供と一緒に釣り部屋でゴゾゴゾしてました♪


トップ画像からわかるように、エコジグヘッドのモノガード取り付け作業。 以前から購入したいと思ってたピンバイスを店頭で徘徊していると、ゲットできたので早速、作業してみました。

これがあれば、かなり便利ですよね。エコジグヘッドもガードなしを購入して自分で必要な数だけガード付きを自作すればいいんだから・・・。もっと早くに購入しとくんだった。


もう一つの作業は・・・

DSC_3657.jpg

スピニングリールのドラグメンテナンス。

作業はいたって簡単で、スプール上部のドラグ機構をばらして、フェルトのグリスを洗浄剤で流して

乾かして

ドラググリスアップ

組み立てて....完了ではなくて

一度、ドラグをきつく閉めて、フェルトにグリスをなじませて、再度ドラグ機構を確認して、余分なグリスをふき取って...

完了でする♪



そうそう、そういや写真は撮り忘れましたが、バスボートのステアリングワイヤーの調子が悪うございまして・・・
悪う症状はとにかくステアリング(ハンドル)が重い!

そう、言葉で言うのは簡単ですが、走行中なんてとんでもなくオモステで流木などの緊急回避なんて無理!!っていうような重さでした(汗)

で、ステアリングケーブルを交換ということになったのですが。当然、エンジンをはずす作業は自宅では無理なのでショップにお願いしました♪

聞くところによると、使用場所・頻度と保管場所によっては差が生じるようですが、ケーブルそのものは消耗品であるので、ステアリングが重くなった場合は交換時期が近いと思ってもいいみたいです。海水と違って、バスボートのケーブルはそれほど痛むことはないみたいですが。

ケーブル交換前にエンジンからハンドル部までの長さを測って、長さが適切なケーブルを注文しなくてはならないようで、ジャックプレートなどでセットバックしている場合は現物確認は必須です。また、マーキュリーのステアリングケーブルも新型と旧型とでケーブル形状が異なるようで、交換となったらボートを入院させる必要がありますね。

マッキーのボートは新型であったため、国内に在庫があったのですが、旧型になると本土からの取り寄せで、時間もコストも新型より割高になるようです(汗) 新型でよかったよかった。

で、交換終わったステアリングは片手ですいすい~♪ セットバックによるケーブルのゆがみからくる負担もケーブルを新しく取り回して、セッティングバッチグー♪

快適なボートライフとなりそうですw


ところで....次の釣行はいつかいな(笑)

では今日はこの辺で。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://otonbo26.blog85.fc2.com/tb.php/379-47d82efa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。