--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.01

プロップベイト本山バージョン Aプロップ



2010年10月1~3日高知県早明裏ダムでJBトップカテゴリーTOP50が開催されたことまだ記憶に新しいと思う。59名の国内最高の選手が3日間連続で競技するとうことは尋常では考えられないプレッシャーだと思われる。現に翌週、開催されたSTGcop過去まれに見ないローウエイトで優勝している。

TOP50の表彰台に上がった選手のほとんどが、ソフトベイトか豆ラバであったが、5位の組長川口選手はキッカーで『Aプロップでキッカーを・・・』というコメントがあった。

JBトップ50 第5戦 がまかつCUP
http://www.jbnbc.jp/_JB2010/view_result.php?t_id=10050&days=3&page=pattern


正式なルアーの名前は 『SMITH コーリングアップシリーズ プロップベイト本山バージョン Aプロップ』(#以後プロップに省略)である。雑誌で一度は目にしたとはあると思うが、派手なカラーリングでベースとなるルアーは ミロルアー5Mダブルスキット。オリジナルのダブルスキットはフローティングモデルである。アクション時の姿勢はやや前傾姿勢となり、ボディフロント部が水面にやや沈んだポジションとなる。
 
変わってプロップはコンペジター・ガイド業・ルアーデザイナーをこなす本山氏がチューニングしたモデルとなり、フック、スプリットリング、ペラを変更しており、オリジナルのフローティングモデルとシンキングモデルの2種類となっている。水面直下をただ引きアクションが最大の動きである。

最近では同じタイプのルアーが発売されているのであまり物珍しくないと思われがちだが、このルアーが発売されたのは、間違いなけれは7年前の2004年となる。別に大げさに伝えるつもりはないが、本山氏は今から7年前にはいわゆるⅠ字系ルアーの破壊力に気づいていたということになる。
 
ここでプロップの開発にまつわる話を雑誌より抜粋したいと思う。





『バスをディープから吸い上げる、だから コーリングアップ』

開発の起点は、本山氏と米国の彼の友人とのルアー談義の中にあった。
「話の中でコーリングアップという言葉がよく出てきたんです。どういう意味か尋ねると、呼び起こすことか誘い出す、という答えが返ってきました。」

アメリカやカナダでは、コーリングアップをルアーのポテンシャルのひとつとして認知している。本山氏がこの言葉を耳にしたのははじめてだが、ルアーがバスを呼び起こす理屈は知ってた。へドン・ベビートピードやミロ・ダブルスイッシャーを使ったときに、深い場所から、また、散らばっていたバスがルアーに集って来る現象がまさにそれである。

「もっとコーリングアップできないものかと、プロップに散々手を加えたんですけど、明確国答えが出てこない。そこで気づいたのが、ルアーの喫水線だったんです」

浮力やウエイトバランスを調整し、トップとサブサーフェイスの中間を泳イでくれるように設定。これにより、今まで以上のコーリングアップが実現できたのである。これでコーリングアップ性を備えたルアー開発の叩き台は固まった。そんな本山氏が、開発パートナーに選んだのが、スミスのエンジニア谷中氏である。

開発がスタートすると、ルアーの喫水線だけではなく、WBP可変プロップの開発も手を緩めなかった。これはプロップの回転の立ち上がりの早さや微妙な回転スピード実現しただけでなく、エッジに丸みをつけてラインに対するダメージ軽減の工夫も施されている。

DVC00692.jpg

とちょっと記事的にしてみましたw が、コーリングアップという用語。ググってもスミスルアー関係以外はあまり用いられていないようです。コーリングアップ定義は・・・定義は 集魚力 とか、それとも 単調なアクションで複数の魚を引き寄せる能力  とか? ん~あんまり賢くないんでよくわかりませんが、コーリングアップという用語は覚えてもいいと思いますw



この記事を載せてみようと思った理由はこれ↓

DVC00690.jpg

ティムコ プロップペッパー!!

会社の先輩が研修のお土産で買ってきてくれましたww イエーイ ありがとうございます。ペコペコッ

Aプロップとはまた違った性能になりますが、優秀なルアーですw

寒くなったけど今度使ってみよっと♪~

ではこの辺で。



スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://otonbo26.blog85.fc2.com/tb.php/320-2852de5d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。