--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.16

それぞれの - BassRoots -

Bass釣りに本格的にハマってから今年で15年目を迎えました。

私の周辺にはBass歴20年の経験者も少なくないので15年も続いていることについてなんら自慢する気持ちはありません。

少しこそばゆい気もしますが、Bass釣りを始めた頃を思い出しながら思うことを書いてみたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


みなさんは初めて釣ったのブラックバスのことを覚えていますか?

私は残念ながら覚えていません。釣った場所もたぶんこの池じゃないかな?というような感じです。

というのもBass釣りの前に野ブナ釣りにハマっていたのでブラックバスとの出会いは「外道」としてでした。

ある期間が過ぎた頃から私の周辺でも「バス釣り」というものが流行し始めました。

友達達も野ブナ釣りから手軽なバス釣りに変わっていくなか、わたしもその1人となりました。

スピニング、ベイトロッドの違いもわからないまま、バス釣りのイメージといったらベイトだせ!!

とまあ若々しい勢いだけでリールを購入したことを今でも覚えています。

3人兄弟の三男でロッドだけは長男から譲り受けました。


その頃のタックルです。
パスワン

今でこそ人と競い合うスポーツ的な要素が楽しくなってSTGcupやチャプター愛媛とトーナメントに

参戦していますが、始めたころはただただ純粋にバス釣りに夢中になって楽しんでいたように思います。




いい大人が理屈っぽく話をしているかもしれませんが、いろいろな人とBass釣りでつながった人生だから、

時には立ち止まって Roots をみつめなおすことも、よろしいんじゃないでしょうか?


トップ箱
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://otonbo26.blog85.fc2.com/tb.php/27-9fe5d19b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。