--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.02.16

ヒネリ針

ミナサン、コンバァンワ
歯、イタァクナクナァ~リマシタ。
ホントニ、ヨカッタ、ヨカッタw



以前から考えていたフックの形状。

ここでは針と言ったほうがいいかも。

釣り人にしか、わからないコアな内容になるので興味ない方は無視ってくださいな。

今回の内容はずばり   


ハリ? 腰痛治療でウツハリ?

じゃなくて、釣り針。カンなし(付き)針ですよ。


現在、数種類の針で落ち着いているけど

みなさん形状とかこだわっています?

「針」「形状」で検索するとうんちくサイトが結構ありますね。



「ネムリ」「ヒネリ」針について

針 イラスト つり針

「ネムリ」と「ひねり」針の形状だけど・・・


ネムリ針は見てわかるように

針先がチモト(結び目)側に内側に曲がった形状を総称していますが、

もともとネムリ針は歯でラインブレイクを防ぐ為に意図的に

針先を曲げて口の中でかからないようにして、

魚の口もとでかかるようにしたものです。



ヒネリ針は合わせた際に、すっぽ抜けを防ぐものです。

って説明簡単すぎっ??

※釣りしてない人がここまで読んだらネムリ?ヒネリ?って感じですねぇー。
 
 いいのかなぁーこんな内容でww



両方、書くと結構な文章量になっちゃうので

今回はヒネリ針に焦点を当てますね。



ヒネリ針は口の中に針が入った状態でハリスを引っぱれば、

口の中で確実に掛けるために針自体にひねりが入っています。

したがって、ヒネリ針は向こう合わせに有効ということになりますね。


逆に、ヒネリ無しの針の方が合わせ時のパワーを

逃さずに針先に伝えるので早合わせには有効
になります。


バス釣りだけをしている人はこういった「ネムリ」と「ヒネリ」の

形状の違いを理解していない人もいるのでは?

少なくともマッキーはそのうちの一人でした。


ではBassの場合はヒネリがあったほうがいいのか?

いやいやぁ~ ヒネリ無しの方がいいのか?   ということですが・・・。


結論から言うと、個体のサイズ、リグや使用状況に合わせて使い分ける!!

フッキング率において 『針がかり』 か 『貫通力』 のどちらを優先するか!ということになります。


個体が大きいので確実に貫通させたい。
iシャッドなどのスイミングになるとヒネリがあることでバランスが崩れる。
ラインの放出量が多い場合、ラインの伸び+ひねり針でフッキングの力が伝わらない。

って場合はヒネリ無しの針になりますし


あっ! いつの間にか食ってた!! というような状況を意思としている。
ショートバイトが多発する。

って場合はヒネリ針が有利になります。

もう おかわり おわかりですよね。

ヒネリ針の形状は 貫通力 と 針がかり が比例していない

ちゅーことになります。 ってあってんのかな? 主観ということで(汗)。


じゃあさっ どう使い分けんのっ?

使い分けって必要なの?


って声が聞こえてきそうですが、


行き着くところは魚を釣るプロセスをいかに楽しむかってことになりますかね。

釣りの楽しみ方も人によって様々ですから。

今回は針という道具に焦点をあてて、こういった楽しみ方も

あるんじゃないかなって話だす。


よーは自己満足の世界だからww


すみません。かなり乱暴なまとめ方で(汗)


Bassプロであれば生活がかかっているので、釣り針ひとつとっても

このような こだわり はとても重要。

なんたって 自信 に繋がりますからね。

まあ、マッキーナは尼ちゅあですがww



そーいや、バス釣り専用のカン付き針はほとんどヒネリがないですね!?

なかにはヒネリ針もありますが、どうしてでしょう? 

そんなのワカリマセンw

ルアーフィッシングになるので、ワームのセッティング時の

バランスを最優先?  バスの上あご(口の中)は結構固いので、

貫通力を優先して!でしょうか?

ま~メーカーさんの意図は別として

「ヒネリ針」 と 「ヒネリ無しの針」 


あなたはどう使い分けますか?
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://otonbo26.blog85.fc2.com/tb.php/225-5e544561
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
マッキーさん、歯が良くなられたみたいですね。
よかった~
針の解説参考になりました。
バスを釣られる方で此処まで詳しい方は珍しいですね。
餌釣りの方、特にグレを釣られる方は詳しいですけど
バッサーさんでこんなに詳しい方は初めてです。
やっぱり違いますねマッキーさんは・・・・(v^ー°)
Posted by イザッチ at 2010.02.17 08:04 | 編集
はじめまして。なかやま氏と申します。ワタクシもハリ好きのバス釣り師なので、思わず反応してしまいました。ワタクシもブログでかなりマニアックなハリの話題を過去に書いたことがあります。
さて、ワタクシの場合、マスバリ系はヒネリが入ったのを愛用しています。そしてワイヤーの軸は、使うワームの太さと魚のアベレージから考えて出来る限り細く、適度に伸びるものが良いと思っています。細軸は”チョン”と当たるだけで刺さってくれますし、軸が柔らかいと適度に伸びてくれるので、魚の重さでさらにしっかり掛る。かかってしまえばヒネリがあればバレにくいというのが理由です。伸びないヒネリなしは、最近は使わなくなりました。確かに掛けにいく合わせには適していると思いますが、ワタクシのアワセが極弱スイープなので、細軸ヒネリの方が合っている気がして…。
ワタクシもいろんな海のハリをバス用に試してみたことがあります。形状がいろいろあって、軸の太いの伸びるの伸びないのと、とても面白かったです。
いろいろ試行錯誤してたどり着いたのは、がまかつの324でした。これはワタクシの自己満足的思考と自分のスタイルから選んだものです。最後は「好み」でしょうか??長々とスミマセンでした。
Posted by なかやま氏 at 2010.02.18 12:43 | 編集
お返事遅くなりました。
えさ釣り人はもっと深ィィ~話をするんでしょうねぇ~
もっといろいろ知識をいただきたいものです。
Posted by イザッチさんへ at 2010.02.20 10:41 | 編集
なかやま氏さんへ。初コメントありがとうございます。私もいつもブログ拝見させていただいてます。今回のコメントはかなりコアな内容ですね。私的には非常にうれしい思いでいっぱいです。大体同じ考え方だと思います♪。私もヒネリがメインになってます。経線の太さや伸びも自分なりにこだわりをもってセレクトしてます。
なかやま氏さんのおすすめがまかつ324についてもSTGメンバーの数人が愛用しています。やっぱりいい品物なんですね。一度使用したことないので、今度お試しで使用してみよう思います。今後もなかやま氏さんのブログにおじゃましますのでよろしくお願いします。
Posted by なかやま氏さんへ at 2010.02.20 10:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。