--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.28

ミンコタ マクサム MaxxumPro80 取り付け



こんにちは。日に日に寒くなってますねぇ~。

子供は風の子ということで坊やは近所友達と風がビュービューのなか元気に遊んでいましたw

でも、ズボン2枚履かせてましたけどw

坊やが外で遊んでいるということで、その間にエレキの交換作業をしました。

えっ?シャフトカット後じゃ?なんて言われそうですが、マウント固定してた方が祭儀用効率がいいみたいだし、

来週末STGCUPの最終戦もあることだから、とりあえず取り付けてみましたw

まあ、作業といってもとっても地味なもので・・・

最初にエレキに取り付けている魚探の振動子を取り外して、次にペダルのオフセットトレーを外して、

もともとの取り付けているエレキの電源コードをのけて、マウント部の6箇所の固定ボルトを緩めると。。。

はい!簡単に取れちゃいますw

後はこの手順を逆の順番で新しいエレキを取り付ければOKというわけなのですが、取り付けまでに

いくつか地味な作業があります。

まずはペダル部の底についているゴム製の足の足の取り外し。現在使用しているオフセットトレーの深さでは、

このゴム足はチョイ高過ぎなので、前のマクサム74は取り外していました。今回も同じように取り外そうと

ペダルの裏を見てみると・・・

あれ?ゴム足の固定方法が・・・リベット固定?になってるじゃありませんか。

あ~ららら、マクサム74はネジ固定だったのにぃ~チィッ。

ここは変更しなくてもいいのになぁ~。仕方がないのでドリルでリベットを飛ばしました。

ペダル部の基盤が80と74では変更しているはずなので比較してみると

DVC00746.jpg

写真写りで右のマクサム74が小さく見えますが、サイズはまったく同じでした。

左のマクサムプロ80のコードが集まっている基盤を見比べると、やっぱり変更しているみたいですね。

74と違ってコードも少ないようです。話ではコード類を見直して、抵抗をできるだけ排除した形になって、

電気の効率も向上しているとのことです。

ついでにシャフトの長さも比較してしてみると・・・

DVC00744.jpg

画像上のエレキがマクサム74の34インチ仕様。

下が今回購入したマクサムプロ80の42インチ仕様。こうやって見比べてみると

42インチって随分長く感じます。ボートの操作向上のためにもシャフトの長さはボートに

合わせる必要がありますね。激シャローにも入っていけるしw


作業ついでにオフセットトレイの塗装も少しくたびれていたので、ササッと塗りなおしてみましたw

DVC00747.jpg

う~んいい感じ。ピカピカになりましたw

その他にも魚探コードの固定のためのサービスホールを開けたりと、自分好みのセッティングをして

無事終了。

DVC00753.jpg

来週末の釣行の楽しみが増えましたw

早く乗ってみたいものですw

そうそう、今日、近所のコンビニで半額で売っていたので、思わず衝動買いしてしまいました。

そう、マッキー的にはかなりレア度が高いと思いますが、普通に売ってるんですかねw

そのブツとは・・・・・









DVC00754.jpg

「ポテチの手」だすw

PCのおともにポテチを食べて、キーボードやマウスがベタベタしたことないですか?

そんなポテチユーザーの思いが形となったのがこのポテチの手。

いつ発売された?か、まったく知らないけど知っている人は知っている、知らない人はまったくしらない、

そんな商品なんだろなぁ~w

近々使ってみようと思いますw

ではまた。


スポンサーサイト

Posted at 14:29 | バスボート | COM(5) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。