--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.07.09

チューブワーム

DSC_3923.jpg

こんばんは。こっちは梅雨の中休みです。

今月、大会もないので休日は自宅で過ごすことが多いのですが、早朝だけは別。

自分の時間って勝手に決めてまして、(もちろん家族が寝ていることが前提ですがw)休みの5時から8時くらい?

はっきり決まってませんが、ちょくちょくおかっぱりにいってますw


最近、ハマってる水路バスですが、水路もいろいろありまして、まったくバスが見えない水色もあれば、年中クリアでバスがほとんど丸見えって場所などさまざま。

ここのところ通っている水路は 幅8~9メートルでクリアでウィードのある場所。

足場が高いので、バスはめっちゃ丸見え状態で、おまけに人的プレッシャーも高いときた。

ふつーのリグ(普通ってよくわからんけど)じゃ、まずガン無視。

でも、以外に簡単に釣れちゃうぜ。 ちょ~が付くぐらいのせこリグだとw

めちゃセコワームでしょ?

カットテール4inはサイズ参考でのせてみました。

シンカー0.5グラムでリーダー5センチ程度。のセコセコダウンショット

ウィードの上で もぞもぞ  とエビのイメージで動かしてやると


DSC_3918.jpg
 
どーっんと 1400ぐらいかな。

ちなみにこいつは完全にサイトw


進行方向の先のウィードの上にのせて、ちょっとワームを動かしてたら  パクッ  みたいなw

ほとんど餌感覚ですw  釣ってるほうがびっくりするぐらいのバイトw


でも、そんなセコリグだけ使ってると










DSC_3919.jpg

こんなゲストも釣れちゃいますw


とにかく、 観察 観察 観察 仕掛ける 仕掛ける 仕掛ける のやり取りがおんまくおもろいんですよw

この面白さ。わかるかなぁ~わかんないだろうなぁ~w


おかっぱりサイトで50オーバーを目標にもう少し通って見ますw

でも、でかいのは天才だからマッキーのサイトじゃ無理かもなぁ~

ってか 久しぶりに使ったんだけど チューブワーム って釣れるぜぇ~♪

ではまた。

スポンサーサイト

Posted at 22:43 | ルアー | COM(0) | TB(0) |
2011.12.25

アラバマリグ

DSC_3592.jpg

みなさん。メリークリスマス!!  25日ですよ。ケーキ食べました?お仕事の人はお疲れ様です。

ちなみにマッキーも今日は仕事ですよw

金土曜日とお休みをもらってゆっくり自宅でクリスマスイブを家族で楽しみました。その記事は少しおいといて・・・。


皆さんにプレゼントでもしたいので最高の笑顔をあげちゃいます↓













DSC_3557.jpg

STGのモンタさん!! 自分のブログ以外にショップのブログも担当しているなかなか忙しいモンタさん。

笑顔もこの辺でおいといて(笑) 

彼が持っているルアーが今回の話題。そう....アラバマリグ。国外でも国内でも騒然の話題となっているこのルアーをいち早くゲットしてました。このアラバマリグ。今月号のBasserでもポール・アライアスの記事で取り上げられていましたね。
写真は先週末の四国最強大会のプラ前の一枚。プラクティスで試験的に使用してみるとのことでしたが....結果は上げられなかったそうです(笑)

このときは別にマッキーの物欲心もおとなしく....喉から手が出るほどの印象は無かったんですが....。



数日後。

STG会長が取材のサポート時に聞いた話では、なにやらアラバマだと琵琶湖で、この時期でもバンバン釣れてるってことを電話で話したぐらいから、「ほしい」というより、「使ってみたい」衝動に駆られまして・・・・

ググってみると・・・・アラバマリグの動画投稿も結構ヒットしますねー。しかもまーすごい!?こんなに釣れていいんでしょうか?記事によっては様々な立場での意見があるようですね。まー確かにノーマルでのNBCの大会での使用は難しいようですね。

2011年のNBCレギュレーションの解釈内でのクリア方法としては↓

①ジグヘッドはすべてタングステン素材  ②ワームはもちろんエコ商品  ③フックは1つだけ残して後はカット。

ってところでしょうか。まーこれで本当にレギュレーションをクリアしているかどうかは本部の判断が必要でしょうね(笑)

2012年は問合せが多いから、統一した答えが出ればいいですね。



でっ、ですね。ベイトフィネスの時もそうだったんですが、使用してみないことには理解できない(※ルアーの合否は別として)だろうおもい自炊して見ることにしましたw

さっそくググってみると・・・・いるわいるわ(笑) 

商品化できるようなものもあれば、お遊び程度のものまでた~くさんw  とりあえずいいところをコピーすることに・・・・。

準備したものは
ステン硬線、アルミパイプ4ミリ、プレスクリップ以外にスナップ、ジグヘッドなど。

詳しい作り方は省略します(笑)出来上がったアラバマリグ↓

DSC_3595.jpgDSC_3594.jpg

どうです? ってコメントを求められてもね。 一応5本仕様です。4本使用のほうが簡単ですぐに作れるんですが、NBCで使用してもいいんであれば、やはりセンターにフック付きジグヘッドをポジションとして設けたいと思い5本仕様にして見ました。アームの長さは既製品のサイズを参考にして、ヘッド付け根からセンターアームは14cm。周囲のアーム4本は12cmで作成しましたが・・・・根拠はまったく無いです(笑)

ワームやジグヘッドのウエイトは今から煮詰めてみようと思います。


まー作ったところで、普段からNBCとSTGの釣行しかないので、実際にバスを吊り上げるのはまだまだ先?の話になるかもです。最初からエコ仕様で使ってみるのもありですかねーw

頭の中じゃ、1月のリザーバーで爆釣!?

ってなことは無いよねー(笑)


1オンスぐらいのパレットシンカー通したら、ディープも引けるかな?wwwww
 






Posted at 11:43 | ルアー | COM(0) | TB(0) |
2011.08.05

トップルアー



こんばんは。暑さ寒さもお盆まで!っと耳にしますが、とりあえず 暑い・・・です。

嫁ちゃんから「今年の夏は冷夏だよ。ニュースで言ってた」って確かに涼しい日もございますがぁ、やっぱりそこは夏。

厚いです。熱いです。暑いです。あいつです・・・・・ だからどーしたって?

いや、別に。


久しぶりにトップルアーボックスを整理?じゃねーな。どんなルアーがあったか確認してみましたw

トップボックス・・・・とりあえず全部で5つぐらいある・・・・・。  どんだけ買うとんのや!?って自分に突っ込みたくなるぐらいの量です。あははははっっては笑えないかも。

久しぶりに物思いにふけりながらトップオンリーの釣りもいいかなぁって思うまではいいんですが、時間がねぇー。無理やりにでも作らないといけないのが今の生活。

とまぁ、ゴソゴソ触ってると強烈に思い出のあるルアーがありまして・・・・

DSC_1791_20110804232539.jpg

かなりぼろぼろのZEALのゲイリーウィッチ3/8 1995モデル。

何年か前に西条の黒瀬ダムの減水の6月ぐらいの時期。幼馴染のしょうちゃんか、トップ仲間の高橋さんとメインのバックウォーターからのトップ釣行の話。

たしか、アフターのバスがバックオゥーターエリアで回復のための捕食のじあいに突入したときの出来事。

時間は18時は過ぎてたかな。。そこらじゅうでバスのボイルが始まって

トップで怒濤の入れ食い状態に突入w

投げると40オーバーが簡単に釣れるパラダイス状態w

そこで、出番となったのがこのゲイリー。

このルアーはただ引きでも、ヘッドを左右に振り、激しい水押と波動を発生することができるのが特徴で、

ファーストリトリーブでリアクションバイトを誘発させることができるルアーということでぇ

黒ゲイリーをド遠投してぇの、早巻きアクションをくれてやると同時に激しいバイト!?


うおおおおおっぉぉぉ ←ぐらいの興奮があったかどうかはすっかり忘れてますが、

とにかく重くてリールが巻けなかったことは覚えてますw

巻き巻きとあげてびっくり!  見事なタブルヒット!?


2匹とも50オーバーと大げさに言いたいのは本音なのですが、確か一匹は47~48cmでもう一匹は51~52cmだったかな。

50Wとはいきませんでしたが、人生初?だったのか・・・・んー・・・・・記憶が・・・。

まあ初ということにして、とぉにかく、見事な釣れ方でしたw


トップのいいとこの一つとしてバイトシーンが見れるところがありますね。他のルアーだったら・・・・

このルアーでこんなアクションで50オーバーが釣れた!だけど

トップだと このルアーでこんなアクションですげーバイトで50オーバーが釣れたって感じで記憶情報が多くなる分

ひとこまひとこまの思い出シーンを味わうという意味ではトップルアーが勝りますかねw あくまでも主観ですが。


最近は人との競技を楽しむことが多くなってますが、たまーには味わいのあるトップ道もいいかな~。

この先、何十年後には競技に疲れて、トップ道に進むような気はしてますが、それにはちと早いみたいですw

オッチー会長に叱られちゃいますw


でも、今年の夏に一回はトップオンリーでいくぜ!!

っていっちゃっていいんかなw

ではこのへんで。




Posted at 00:05 | ルアー | COM(2) | TB(0) |
2011.06.29

アベラバとアンクルゴビー



こんにちは。愛媛の新居浜市はかんなりかんかん照り(汗) 強い日差しで干からびちゃいそうですw 今の会社ではちょっとしたUSB扇風機がブームとなっています。まあ、エコと言うわけではないですが、エアコンの温度は27度設定なので、扇風機の風で暑さをしのぐ毎日が続いておりますが・・・・

マッキーの扇風機は3年前ぐらいに買ったフードがない羽がスポンジ素材?のブツなんだけど、

これがまた ブゥイィィ~ブゥイィィ~とちとうるさい。暑い&うるさいとでプチイライラしたりしてますw さっさと最新モデルでも買えやって話だけどね。


え~今日のネタですが、こないだメインで使用したベイトフィネスのルアーの自重の理解ってことで、使用したルアーを図ってみました。

トップ画像は  アンクルゴビー2インチ  1.4グラム。

次は アンクルゴビー4インチ      3.2グラム。
DSC_1655.jpg

次は アンクルミノー  1.3グラム。
 DSC_1654.jpg

次はアベラバ 4グラムは・・・4.6グラム
DSC_1656.jpg

次はアベラバ 5グラム・・・・5.9グラム
DSC_1657.jpg

と言う結果。

まあ、製品によっては0.1グラムの差は生じると思います。

こないだメインで使用していたのはアベラバ+アンクルミノー。最初はアベラバ4グラムを使用していたので、トータル重量は5.9グラム。
自分が持っているベイトフィネスタックルではキャストに少し気を必要とするレベルだけど、十分実践で使用するには問題ない重さです。ただ、リール性能にもよりますが、ピッチング時に少し満足度100パーセントのキャストフィールではない感じ。

ちなみにラインは7ポンドの30メートル巻き。

アベラバ5グラムだとトータル7.2グラム。ここまでのウエイトになるとまったく別のルアーを扱っている錯覚を起こしますw

マッキーのレベルだと後者のルアーでかなりの高いレベルでピンスポットにキャストが可能でした。更にライトウェイトのキャスト性能を向上するには、自分のキャストスキル以外に高性能リールとベイトフィネス専用ロッドが必要になるかもしれませんね~w

ん~ベイトフィネスロッドでも買ってみようかな・・・・先立つものがあればw

とつぶやきのような内容でごめんなさい。ではまた。


Posted at 14:06 | ルアー | COM(1) | TB(0) |
2010.11.01

プロップベイト本山バージョン Aプロップ



2010年10月1~3日高知県早明裏ダムでJBトップカテゴリーTOP50が開催されたことまだ記憶に新しいと思う。59名の国内最高の選手が3日間連続で競技するとうことは尋常では考えられないプレッシャーだと思われる。現に翌週、開催されたSTGcop過去まれに見ないローウエイトで優勝している。

TOP50の表彰台に上がった選手のほとんどが、ソフトベイトか豆ラバであったが、5位の組長川口選手はキッカーで『Aプロップでキッカーを・・・』というコメントがあった。

JBトップ50 第5戦 がまかつCUP
http://www.jbnbc.jp/_JB2010/view_result.php?t_id=10050&days=3&page=pattern


正式なルアーの名前は 『SMITH コーリングアップシリーズ プロップベイト本山バージョン Aプロップ』(#以後プロップに省略)である。雑誌で一度は目にしたとはあると思うが、派手なカラーリングでベースとなるルアーは ミロルアー5Mダブルスキット。オリジナルのダブルスキットはフローティングモデルである。アクション時の姿勢はやや前傾姿勢となり、ボディフロント部が水面にやや沈んだポジションとなる。
 
変わってプロップはコンペジター・ガイド業・ルアーデザイナーをこなす本山氏がチューニングしたモデルとなり、フック、スプリットリング、ペラを変更しており、オリジナルのフローティングモデルとシンキングモデルの2種類となっている。水面直下をただ引きアクションが最大の動きである。

最近では同じタイプのルアーが発売されているのであまり物珍しくないと思われがちだが、このルアーが発売されたのは、間違いなけれは7年前の2004年となる。別に大げさに伝えるつもりはないが、本山氏は今から7年前にはいわゆるⅠ字系ルアーの破壊力に気づいていたということになる。
 
ここでプロップの開発にまつわる話を雑誌より抜粋したいと思う。





『バスをディープから吸い上げる、だから コーリングアップ』

開発の起点は、本山氏と米国の彼の友人とのルアー談義の中にあった。
「話の中でコーリングアップという言葉がよく出てきたんです。どういう意味か尋ねると、呼び起こすことか誘い出す、という答えが返ってきました。」

アメリカやカナダでは、コーリングアップをルアーのポテンシャルのひとつとして認知している。本山氏がこの言葉を耳にしたのははじめてだが、ルアーがバスを呼び起こす理屈は知ってた。へドン・ベビートピードやミロ・ダブルスイッシャーを使ったときに、深い場所から、また、散らばっていたバスがルアーに集って来る現象がまさにそれである。

「もっとコーリングアップできないものかと、プロップに散々手を加えたんですけど、明確国答えが出てこない。そこで気づいたのが、ルアーの喫水線だったんです」

浮力やウエイトバランスを調整し、トップとサブサーフェイスの中間を泳イでくれるように設定。これにより、今まで以上のコーリングアップが実現できたのである。これでコーリングアップ性を備えたルアー開発の叩き台は固まった。そんな本山氏が、開発パートナーに選んだのが、スミスのエンジニア谷中氏である。

開発がスタートすると、ルアーの喫水線だけではなく、WBP可変プロップの開発も手を緩めなかった。これはプロップの回転の立ち上がりの早さや微妙な回転スピード実現しただけでなく、エッジに丸みをつけてラインに対するダメージ軽減の工夫も施されている。

DVC00692.jpg

とちょっと記事的にしてみましたw が、コーリングアップという用語。ググってもスミスルアー関係以外はあまり用いられていないようです。コーリングアップ定義は・・・定義は 集魚力 とか、それとも 単調なアクションで複数の魚を引き寄せる能力  とか? ん~あんまり賢くないんでよくわかりませんが、コーリングアップという用語は覚えてもいいと思いますw



この記事を載せてみようと思った理由はこれ↓

DVC00690.jpg

ティムコ プロップペッパー!!

会社の先輩が研修のお土産で買ってきてくれましたww イエーイ ありがとうございます。ペコペコッ

Aプロップとはまた違った性能になりますが、優秀なルアーですw

寒くなったけど今度使ってみよっと♪~

ではこの辺で。





Posted at 23:45 | ルアー | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。